鮨処ですが、鶏ちゃんの小売りがあります

2017-09-06

明宝のお寿司屋さんと言えば、「鮨処しなの」さん。

こちらで、桔梗屋さんの味を受け継いだ「さいっつぁの鶏ちゃん」販売しています。

「さいっつぁ」は桔梗屋の屋号。

つまり、しなのさんの鶏ちゃんは地元で「さいっつぁの肉」と呼ばれ、親しまれてきた味の鶏ちゃんです。

素朴でシンプル、食べやすい<若>と

昔から親しまれてきた<親>も、しなのさんに受け継がれています。

しなの製造の「さいっつぁ」の鶏ちゃん

左から、若(550円/300g入り)、親大(640円/400g入り)、親小(520円/300g入り)

明宝で昔から親しまれているのは、やっぱり親。親が400g入りと300g入りの二種類あるのは、さすが!

しなの製造「さいっつぁの鶏ちゃん」調理した画像、若鶏

Copyright(c) 2011 めいほう鶏ちゃん研究会 All Rights Reserved.